結婚式で気を付けたい髪型マナーとは?イベントでおすすめのヘアアレンジも紹介

結婚式に参列する際は服装だけでなく、髪型にも気を付ける必要があります。
実はマナーがあり、注意したいポイントがあるんです。
そこで今回は結婚式の髪型マナーについてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

結婚式の髪型マナー

結婚式の髪型マナーは、どのような決まりがあるのでしょうか。
早速、見ていきましょう。

ダウンスタイル

特にロングヘアの方が注意したいのが、ダウンスタイルです。ダウンスタイルとは文字通り、髪の毛を下ろしたままの髪型のことを言います。
なぜダウンスタイルが好ましくないのかというと、挨拶や食事をする時に髪が前に垂れてきてしまうため不衛生かつ印象的に良くないからなんです。
基本的に髪が落ちてこないようにアレンジやセットして、清潔感のある印象を意識しましょう。
ダウンスタイルが必ずしもNGというわけではありませんが、周りに与える印象があまり良くないですので、注意が必要です。

清潔感ある好印象を与えられる髪型としては、アップスタイルです。
アップスタイルは、格式の高い髪型と言われるほどなんですよ。
服の雰囲気に合わることで、さらに素敵な印象を与えられるでしょう。

新郎新婦より目立つ

髪をアレンジする際は、新郎新婦よりも目立ってしまうような髪型は避けるようにしましょう。
女性であれば白い服などは避けるのと同じように、髪型も同じです。
具体的にボリュームのある髪型やキラキラと輝くラメをたくさんつけるなど、派手な印象を与えるような髪型は好ましくないでしょう。
また、華やかすぎるヘアアクセサリーの使用も控えてくださいね。

髪型とヘアアクセサリーは「控えめで清楚感のある印象」を心掛けてみてくださいね。

セルフヘアアレンジ

上述したように髪型には、マナーがあります。
しかし「自分でアレンジすることもマナー違反」と思う方もいらっしゃると思いますが、自分でアレンジしても問題はありません。
特にショートヘアの方であれば、ワックスなどで整えて清潔感のある髪型にしましょう。

しかし技術が豊富なプロがアレンジした髪型と比べると、だらしなく見える可能性もあるので注意が必要です。
なるべくロングヘアなどセットが難しい場合は、美容室などのプロに依頼することをおすすめします。
新郎新婦の晴れ舞台ですので、しっかりマナーを守ってお祝いしましょう。

イベントでおすすめの髪型

特別なイベントシーンでは、いつもと少し違う雰囲気で可愛いヘアアレンジをしたいものですよね。
結婚式以外にも入学式や卒業式などさまざまなシーンで、おすすめの髪型を紹介します。

・アップスタイル
・編み下ろし風のアレンジ
・シニヨン
・ゆるふわスタイル
など

髪型を変えるだけで気分アップ効果もあり、好印象を与えられますよ。
いつもと違う雰囲気で、楽しい時間を過ごしたいですね。

結婚式の準備はこちら

フォトスタジオ

B WORKs PHOTOGRAPHY

奈良市 フォトスタジオをお探であれば、ポートレートを得意とする経験豊富なフォトグラファーが撮影を行っている「B WORKs PHOTOGRAPHY」があります。

温もりに溢れるフォトスタジオを経営しており、「人」や「家族」をテーマにした写真撮影を得意としているフォトグラファーが、七五三や成人式、フォトウェディングなど様々なシチュエーションの撮影を行っています。

挙式・披露宴撮影や前撮り・後撮り、フォトウェディングについてしっかりと打ち合わせをし、最高の撮影日を迎えることができるようにサポートしてくれますよ。

【アクセス】
■店舗名:LIFE PhotoStudio by B WORKs PHOTOGRAPHY
■住所:奈良県奈良市西木辻町216-1
■電話番号:090-6051-6700
■営業時間:11:00~19:00
■定休日:月曜日
■最寄り:「近鉄奈良駅」より徒歩約15分 JR「奈良駅」より徒歩約15分

まとめ

結婚式に参列する際は服装だけでなく、髪型もアレンジしましょう。
清潔感のある印象を与えられ、お辞儀などの際に髪が落ちてこないように心掛けてくださいね。
髪型マナーを守ることは、礼儀と言えるでしょう。
しっかりとマナーを守って、最高のお祝いを贈りたいですね。